「ノーサイドゲーム」にノックアウトされた件 その2 戦う前から試合は始まっている

外出自粛⁉️非常事態でもおうちでお仕事できる方法

 

 

 

戦う前から試合は始まる戦う前から試合は始まる

うまくいかないことを会社や組織のせいにするのは簡単だ。でも大事なことは、そこから今、自分たちに何ができるかなんだよ。
 
一つ一つなんだよ。チケット1枚1枚、ワンプレイ。それをひたすらつみかさねることで、きっと逆転の芽はあるはずだ。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
昨クールに放映された「ノーサイドゲーム」池井戸潤氏著。
 
 
今日も会社の中枢から言わば左遷で万年低迷する社会人ラグビー部のジェネラルマネージャーのポストを任された主人公君嶋を演ずる大泉洋さんの台詞です。
 
実は大手トキワ(架空)の社会人ラグビーチーム アストロズは、最下位争いをしていて、一部リーグに残れるかどうかもわからないチーム。スポーツ界ではおなじみなのかもしれませんが、社会人ラグビーチームにも登録しているラグビー協会があってそれが蹴球協会(ボールを蹴るスポーツの団体という意味でしょうね)に登録していないとリーグ戦にも参加できないのですが、その年間登録費がなんと14億!
 
会社のお荷物になっていて、廃部もささやかれる始末。果たして、低迷ラグビー部とGM(ジェネラルマネージャー)君嶋の前途やいかに??
 
 

何ができるのか?

ラグビーにはお金がかかるんです。施設の管理費、遠征費、トレーニング機器、運営費・・・

選手からの訴えに対して、

収益がほとんどゼロに近いのはなぜなのか、その理由から探っていっています。

そもそもラグビーはサッカーのようにメジャーではないスポーツであることに加えて、蹴球協会の収益を求めようという姿勢が全く見られないことも収益につながらない原因だと把握しています。

予算の中でやりくりせざるを得ないのは、大きな会社も家計も同じですよね?

そしてその予算を増やしたいと思えば、収益を増やす方法を考えるしかない。

そこでGM君嶋は、ラグビー認知度を上げることから始めるのです。

ドラマの中で予算を立てたり、不要なコストを削ったりする場面、結構面白いですよ。

 

労働者の意識がしみついていませんか?

〇〇が~~をしてくれないから今、こうなっている・・・
現状うまくいかないことって、周りの環境によるものが少なくないことは確かですよね。
でも、その環境がある日ガラッと変わるかといえば、そんなことはないですよね?
 
夫の稼ぎが少ないから・・・ 
子供の習い事にお金がかかるから、
妻が浪費するから・・・ (ん?(;^_^A)
 
だからパートに出るしかないんでしょうか?だから無理無理深夜のコンビニバイトをするしかないんでしょうか?
 
確かにパートに出れば確実に働いた時間分だけお金はもらえますが・・・パートに充てられる時間もかぎられていますよね? そもそも小さい子がいて、保育園の空きも預け先もないとすればパートに出るという選択肢も選べません(汗)
 
じゃあ、極限まで節約して、服も新調せず、子供にも習い事を我慢させる生活をずっと続けられるでしょうか?
 
それだと何のために生きてるの? という究極の命題みたいになってしまいます。
 
 
 

いま自分たちにできることは?

レッスンで生徒さんたちを見ていて時々思うことなのですが、よく市販のテキストを変える子がいます。

学生時代にもあなたの周りにいませんでしたか? 前はAの問題集のシリーズをやっていたのに、ある日、Bというシリーズに変えている人。

「あれ? Aのシリーズ、全部終わったんだ。すごいじゃん?」

と聞くと、

「あぁ、あれ? Aのシリーズは先輩に聞いたらあまり試験に出ない問題ばかりだからBに変えた」

なんて答えが返ってきたりしていました。

そしてしばらくすると、今度はCのシリーズに。

「Bは、XX大学には強いけどYY大学がカバーされていないから・・・」

とか。その人物、AもBも一通りこなしたのかといえば、Bという情報が来た時点でAはポイ、Cというシリーズがよいと知ると、Bは手つかず・・・だったりしたようです。

教室の生徒さんは、まだ小中学生が多いので、そこまで主体的に考えて(勝手に放り出したり)はできないでしょうが、Aのドリルが薄くてあまり内容がなさそうだから(お母さんに/お父さんに言われて)Bの分厚い問題集にした というケースはよく聞きます。

実は、問題集って、一回やったら終わりではなく、何回通りもやってほしいものなのですが、成績が振るわないお子さんに限って、勉強が足りないと思い、親心から分厚いものを与えられるということも往々にしてあるんですよね。

成績が振るわないほど、薄めの基礎の問題集を2周、3周した方が効果は出やすいんです。

つまり、問題集が悪いのではなく、問題集の扱い方に問題があるんです。

それと同じで、違うアプローチをすること、一回うまくいかなければ、違う方法で再チャレンジしてみることも大事かな?と思っていたりします。

問題集ジプシー、塾ジプシー、情報商材ジプシーとかも問題の大元は同じかもしれませんね?

どんな副業を選ぶかが大事なのかも・・・

 
ただ、どう頑張っても見込みが薄そうなところでいつまでも踏ん張ってもそれはそれで無駄になってしまうことも・・・
 
例えば、いわゆるブラックな会社にお勤め(正社・パートとも)の場合、経営者が変わるぐらいの変化がなければ体質的に改善するのは無理ですよね? 
 
その場合は、あなたの健康を害する前に即刻さよならした方がよいですよね?
幸い政府も副業を後押ししていますし
(政府だけでは足りないから自分のことは自分で面倒見てね~😅)
というメッセージでもありますが・・・
 
そのときに考えたいのが・・・
 
・本業に支障がないこと
・時間的拘束がないこと
・人間関係に影響しないこと
 
だと思います。
 
プラス
 
怪しい会社ではないこと
法令に則ってまっとうな営業を行っている会社であること
後でストーカーのようにしつこく付きまとわない会社であること
 
も大切な要素かもしれません。
 
あなたの大切な人生を送るための副業が人生を泥沼化させる副業であってはいけませんよね。
副業選びのコツは、自己負担をできるだけ減らしてあげることだと思います。
 
そしてMLM成功のコツも、自己負担をできるだけ減らしてフットワークを軽くしておくことかもしれません。
 
 
何をどうすればラクになるの??とジリジリしたあなたは今すぐこちらをご覧ください
 

強引に口コミ勧誘せず、ネットでサクサクダウンができるオンライン集客法とは?