不労所得を株で無理せず作る! リスクの低い方法はないのか徹底調査してみた! 

外出自粛⁉️非常事態でもおうちでお仕事できる方法

 

 

 

不労所得 株って今更だけど何?(株投資初心者編)

不労所得とはそもそも何でしょうか? 

【不労所得】自らが働くことなく得る所得になります。

デジタル大辞泉に説明されているように、利子、配当金、家賃や地代など、資産を金融商品や不動産に投資して、リターンを得たり、賃料や地代を得たりすることを指します。

不労所得の中で、今回は株についてご紹介します。

【株】って何でしょうか?

株とは正式には「株式」と言います。株式会社が資金を集めるために発行する証明書のことです。

会社が「何か事業を始めたい」と思ったら、大きな資金が必要になりますよね。

そこで株式会社は、事業を始めるための資金を投資家たちから募ります。会社はお金を出してくれた投資家たちに、「株式」という証明書を渡すわけです。

少しわかりにくいですよね。株式というのは、会社に(出資してもらうことで)応援してもらうシステムです。

お金を出してくれた人(=投資家)に、○○円分出資してもらったという証明書である株式を発行します。

お金を出資した人は株主と呼ばれます。株主になると、以下の権利を得ることができます。

  • 株主総会に参加する権利
  • 配当金を受け取る権利
  • 株を売却する権利
  • 株主優待をもらう権利

詳しくは下表にまとめてみたので、ご確認ください。

株主総会に参加する権利

株主総会とは、会社の基本的な方針や、経営に関わる重要な事項を決定する最高機関。株主(出資者)は会社の経営に参加する権利を得ることができる。
配当金を受け取る権利 財務状態にもよるが、株主である間は、一定の期間ごとに配当金を受け取ることができる
株を売却する権利 買った価格よりも高い価格で他の人に売れば、儲けが出ます。「キャピタルゲイン(売却益)を得る」といい、株で儲けるもっとも一般的な方法。たとえば、100円で購入したA社の株を150円で売却して50円の利益を得る感じです。
株主優待をもらう権利 株主優待制度のある会社の株主になれば、株主優待を得る権利があります。例えばA社の株を保有していればA社商品の詰め合わせがもらえたり、B映画会社の株を保有していれば無料映画券がもらえたり、C社の株でお買い物額の○%のキャッシュバックを得られたりなどします。

買って売ってと利益を追求するのが株投資のイメージだと思いますが、株主優待だけで生活できちゃう人もいたりします。また、株主であれば、お買い物額の○%キャッシュバックされるのは、主婦にとってはありがたい株主優待制度かもしれませんね。(私も利用しています。)

また、街を歩いていれば、目にする○○株式会社の看板。

株式会社は「投資したい!と思う人(儲けたい、会社を応援したい)」から資金を調達して会社を作ったり設備投資をしたりして会社を成長させ、その収益のなかから株主に還元してくれる会社なんですね。意外と株を身近に感じませんか?

不労所得 株ってどうやって買うの?いろいろ種類があってわからない・・・に答えます  

では、株投資の最初の一歩の進め方をご紹介します。

  1. 証券会社に証券総合口座を開設する(実店舗 オンライン証券ともまず証券口座がないと何も始まりません。銀行で言えば総合口座を開設するようなものです。)
  2. 日本株に投資するのであれば国内株式をえらびます。
  3. 気になる(購入予定の)株の銘柄を入力します。
  4. 銘柄は例えば日本を代表するト○○、ファースト リ○○○○○、など企業名を入力してもいいし、銘柄コード(通常4ケタ)を入力することもできます。
  5. 何株購入するのか、株価などを確認して数字を入力し注文、オーダーなどのボタンをクリックして注文完了。
  6. あとは買った金額よりも高くなった時に売却しても、保有して配当金を得たり株主優待を得たりしてもOKです。

本当にざっとした流れですが、これで株主生活スタートです。

種類  

説明

最低購入額
単元株  

通常株を購入する時には、購入単位が決まっています。

例えば、A株は1000株~、B株は100株~など。1株=単元株という場合もありますが、1株100円とかであった場合、1株買ってもらってもなかなか資金調達は厳しそうですよね? いわゆるまとめ売りのようなイメージです。ニンジン5本1パックとかトマト3個1パックとか。

各銘柄による
単元未満株   単元株だと、1銘柄買うのに10万円、20万円と元手が必要となってきます(銘柄による)。投資初心者にとってはチャレンジしにくいということで、小額での株投資にチャレンジしやすいように単元株をバラして購入できる制度のことを言います。各社いろいろな名称で単元未満株を扱っている証券会社も増えています  
  ミニ株

単元株の1/10で購入可能

扱う会社は要確認

  • 岡三オンライン証券
  • 日興コーディアル証券
  • 丸三証券

など

1株=2,000円

10株=20,000円~

  ワン株

マネックス証券で扱う単元未満株

1株~購入可能

1株から購入可能1株=2,000円~
  プチ株 カブドットコム証券で扱う単元未満株 1株から購入可能1株=2,000円~
単元未満株 S株

SBI証券で扱っている単元未満株 

1株から購入可能1株=2,000円~

るいとう  

正式には株式累積投資。投資をする者が指定した銘柄を、毎月、一定の額で買い付けることのできる制度。証券会社は複数の投資をまとめ共同買い付けを行う。

各社いろいろな累積投資商品を用意していることが多い。(イメージは定額積み立てみたいな感じ)

不労所得を株でつくる! 勉強は必要?デメリット(注意点)は?

不労所得を得る上で株も最初の一歩を踏み出せばコツコツ株を買い足し、いつか配当金で生活ができてしまうことになるかもしれません。

ただ、投資に絶対はありません!

世界経済に左右されることもあれば、保有している会社が何らかのトラブルで急に株価急落!ということもあります。

買い方、売り方、ルール、基本的な経済の知識などある程度の知識を得るために勉強も必要かもしれません。

例えば、サブプライムショック、リーマンショック、戦前にさかのぼれば金融恐慌(歴史で習いましたよね・・・)などでは、株が世界中で暴落しました。

もし、あなたが儲かる! と思って生活資金や近々必要な住宅資金、学費などまで投資してしまったら、万が一の暴落時、資金が溶けてしまうかもしれません(相場の状況により投資資金がなくなってしまうことをよく「溶ける」といいます・・・汗)

今後も、ブリグジット(イギリスのEU離脱)、米中関係、北朝鮮関係などリスクは少なくありません。万が一で後悔しないためにも、あくまで投資は余裕資金で!!

また、一点集中してしまったら、その銘柄が世界経済の影響を受けて、または当該企業になんらかの不祥事が生じて株価暴落の影響でせっかくの資産を失うことにもなりかねません。

株投資に慣れるまでは、少額で挑戦してみることをお勧めします

さいわい上記でご紹介したように少額投資を始められるシステムは整っているので、失敗してもいいぐらいの金額でチャレンジしてみては?

不労所得 株投資(株初心者編)まとめ

今の不安定な時代、給与だけに頼らず新たな収入の柱を作っておくと将来安心かもしれません。とは言え・・・

いきなり大金を投資して大きく儲ける

というのはリスクがありすぎます。何をするにしても、生活が立ち行かなければ本末転倒!になってしまいます。投資はあくまで自己責任で余裕資金でチャレンジしてくださいね。

将来のために少しずつ資産を増やしていきたい・・・

でも外に出て働いても家計はギリギリ・・・

子供を保育園に預ける方が給料よりもお金がかかる・・・

そもそも働きたくても条件が悪すぎて雇ってもらえない・・・

投資を始めるにもまとまった額が必要だったり、すぐに資金が動かせなかったり・・・

いろいろ悩みはありますが・・・

何か、始めないと将来ヤバいかも・・・とちゃんと先のことを考えているあなた

発想を変えて見ると選択肢が増えるかも? 

口コミなし!週末のセミナー参加なし!将来のお金が心配な子育てママにこそおすすめです・・・

コメントの入力は終了しました。