今更ですがアムウェイのビジネスモデルを徹底検証!評判はどうなのか?被害も出ているって本当??

外出自粛⁉️非常事態でもおうちでお仕事できる方法

 

 

 

 




口コミ勧誘で疲れ果てていませんか?ネット時代のダウン構築術

今さらですが、アムウェイってどんな会社?

日本アムウェイは正式名称は「日本アムウェイ合同会社」です。1959年にアムウェイはアメリカで誕生しました。現在100以上の国と地域でビジネスを展開し、売り上げは88億ドル。日本アムウェイは1979年に設立されました。当時は日本アムウェイ株式会社。2008年に組織変更したようです。

製品に関しては、高品質な製品を市場に出すのがアムウェイのポリシーのようです。自社農場や自社工場、研究開発施設で、自ら研究・開発・製造され、市場に提供されているそうです。高品質以外に環境にも配慮しているとのこと。1959年に誕生して以来その信念は変わらず続いているそうです。

販売形態は、商品を紹介することで、流通を広げる形です。その紹介を行うのがディストリビューターと呼ばれるアムウェイ・ビジネスを支えている人たちです。

ディストリビューターとは、アムウェイの製品を販売したり、アムウェイビジネスを紹介したりしながら人から人へ流通ネットワークを広げる役割を担っている人のことですが、アムウェイでは、50年以上ディストリビューターによるビジネスモデルを利用しており、世界で300万組以上、日本でも68万組以上の人が活躍しています。

取り扱う商品は、コスメ、サプリメント、洗剤、浄水器や無水鍋など・・・幅広く値段の幅も広く・・・。カタログはオンラインカタログ ″Amwaylive″ で会員以外でも見ることができるそうです。そして、口コミも表示されているので、気になった商品の評判も確認できるみたいですね。

なぜこんなに評判が○○○の? 

アムウェイ社の製品の品質に対するこだわり、環境への配慮、多くの人を幸せにするといわれるビジネスモデルにもかかわらず、昔からアムウェイ社は評判が芳しくありませんね。もちろんアムウェイ社に限らず、同じ口コミビジネスの形態のネットワークビジネスと呼ばれる会社はイメージが良くありません。

なぜなのでしょう?

評判の悪さは商品うんぬんよりも、そのビジネスモデルというか、ビジネスメンバーの勧誘方法に問題がありそうです。

  • アムウェイなど勧誘の際に「アムウェイ(または他社)の話していい?」的なこと言わずに勧誘した場合は犯罪です。ちなみに3人誘われましたが全員ブラインド勧誘(告知なし勧誘)してきました。

⇒ これは違法です。特定商取引法で氏名などの明示違反になるようです。ネットワークビジネスなどの勧誘の際には、「勧誘である」ことを明らかにしないといけません。けれども、あまりにもイメージが悪すぎるので(勧誘することを告げた瞬間拒絶される可能性が極めて高いので)告げずに勧誘してしまうのでしょうね。でも、勧誘と告げずに誘い出して相手を会員に引き込むのは、丸腰で果し合いの場に引っ張り出されたようなもの。不意打ちでしかありませんからね。こういうことが繰り返されれば、ただでさえ悪い評判がさらに悪くなりそうですね。

  • 大事な友人や回りに商品を勧めて、それによって利益を得るのはなんか性に合わない

多くの人がネットワークビジネスに取り組もうとして最初に立ちふさがる壁がこれではないでしょうか?会社対会社であれば、ビジネスですから、営業をして、利益を得るのは当然です。営業をしなければ1銭も稼げませんし、職業人として役には立ちません。

けれども、プライベートで付き合っているはずの友人知人を誘うのはなかなか難しいですね。

友人からの誘いだと断りたくても断りにくいので、本当は断りたいと思っていても相手の気持ちを考えて言い出せない、なんていうこと多くありそうですね。それをいいことにあいまいな返事をする友人を半ば強引に登録させるというのは、いわば友人知人を利益を得るために利用していると言えなくもないわけで・・・このあたりが「友達を失う」「嫌われる」と言われ評判が悪くなる原因の一つかもしれませんね。

○○○○○などのビジネスで被害が出ているって本当?

  • ある友人はネットワークビジネスにはまり、会社をやめ、友達を失い、借金を作り、鬱になり、今は生活保護を受けて生活しています。
  • 公立小学校の教諭が他の小学校の先生を勧誘して学校にバレてクビになり今や派遣の事務職。
  • ありがたい浄水器、空気清浄機なんかで消費者金融から数十万円の借金してい
    たことが発覚

などなど、「あ~ぁ」な残念な被害から、借金を抱えるなど深刻なものまで被害もいろいろあるようです。

アムウェイ社などのネットワークビジネスの会社は、悪徳業者でもなんでもなく正当に高品質なものを市場に提供して販売して正当に利益を得ています。

ただ、ディストリビューターと呼ばれる、ビジネスをする権利を持つ人のやり方次第で普通の社会人としての人生が終ってしまったり、借金を抱えてしまうような被害があったりすると、本当に勧誘する側のモラルが問われるのではないでしょうか。

勧誘の仕方もいろいろと考えさせられますよね

口コミ無理でもOKな方法無料でゲットしてください!